抵当権設定+所有権移転登記59,800円!+諸経費!|櫻ホームロイヤーズ

私が選んだ司法書士に登記を任せていいですか

  • HOME »
  • 私が選んだ司法書士に登記を任せていいですか

司法書士報酬自由化?

金融機関、仲介の不動産会社に聞きましょう。「私が選んだ司法書士に登記を任せていいですか」と。

司法書士報酬自由化から時を経てなお、金融機関や仲介不動産会社からのご依頼だけで登記をやっている司法書士が極めて多いことは認めざるを得ない事実です。

今後は、金融機関や仲介の不動産会社からのご依頼だけでやっていく司法書士事務所と個人のお客様から積極的にご依頼を受けようとする司法書士事務所の2極化が進むと言われたのですが、なかなか個人のお客様中心に展開しないようです。まず、司法書士をより簡単に、便利に選択することがなかなか難しいようです。

最近では、金融機関を選択される段階で、司法書士をお客様が選択出来るのかどうかを確認されるお客様も相当数増加しています。
住宅ローンの多くは公庫の代理融資であり、金利も一定の幅で決まっています。ですが、代理店として公庫ローンを扱う会社によっては、少々の金利差が生じています。
その代わり・・ではないのでしょうが、司法書士報酬に差額が生じる傾向があるように言われていますが、実態はどうなのでしょう。
差額が弊所と10万円以上も異なる・・といったケースも実在します。

つぎに金融機関の担当者さんに確認しておくべきことは、その金融機関では「指定司法書士以外の司法書士に登記を頼んでよいか」ですが、現在では「担保の設定以降の登記」は可能な事例が大半です。

 ごくまれにですが、「指定司法書士以外はだめ!」と言ってくるケースがあります。一部の銀行や代理店だけですが、指定以外の司法書士への利用を完全に拒否しているところもあります。

 この場合でも登記費用の見積はとれますので検討して見ることです。
そして、ほかに融資条件が同じような金融機関が探せるなら、金融機関を変更する決断も検討すべきです。
ある金融機関だけで融資が可能で、他の代理店では全部ダメな事例はほぼないと思って下さい。要するに、金融機関を選択することをお客様が諦めておられるか、不動産会社任せで進んでいるからなのです。

櫻ホームロイヤーズは5士業で安心のサポート  TEL 03-3818-6011 受付時間 9:30 - 18:30 ( 日曜・祝日事前予約)
m@il: info@sakurahomelawyers.info

PAGETOP