抵当権設定+所有権移転登記59,800円!+諸経費!|櫻ホームロイヤーズ

お見積り書の記載事項 登記費用

  • HOME »
  • お見積り書の記載事項 登記費用

不動産移転登記でのお見積り記載事項

よく不動産を購入された際に、司法書士に「30万円支払った・・」といったお話をよく耳にするのですが、実際には、その多くを登録免許税が占めています。それらはあくまでも税金であり、司法書士の収入ではありません。ぜひご理解下さい。

※弊所見積もり書で申し上げますと、以下が通常、登記費用、<手続の代理・書類作成・相談等>として計上され、通例、登記費用として他の司法書士と比較されます。

1.所有権移転登記
(売買)移転登記においては、土地と建物とで区分されています。
その為、通常では、「所有権移転・土地」「所有権移転・建物」と区分され、それぞれが35,000円~50,000円とされる事例が多く、70,000円~100,000円(税別)の費用となります。

2.電子閲覧
(謄本)不動産を確認する上で、登記簿を閲覧します。
この部分で司法書士手数料3,000円から5,000円が加算される場合もあります。

3.立会費用
(立会)売買契約の席に司法書士が立ち会う際の費用です。
この費用で司法書士報酬20,000円から40,000円が加算される場合もあります。弊所では、現在、無料です。

3.日当
(登記)売買契約の席に司法書士が立ち会って、その日の内に、法務局に登記を申請します。日程として、契約から登記まで、ほぼ1日を割かれる場合もあります。
この費用で司法書士日当20,000円から50,000円が加算される場合があります。弊所では、現在、無料です。

4.住宅用家屋証明書取得
(住宅ローンご利用)租税特別措置法に基づいて、不動産登記での登録免許税の減免を受ける際に、当該家屋が住宅用家屋であり、当該減税規定に適合することを証明する、市区町村長発行の証明書であり、区役所、市役所等において、登記の当日に取得する場合が多いものです。
ただ、取得費用を低減したい場合には、工夫することでお客様ご自身でも取得は可能です。

 

 

櫻ホームロイヤーズは5士業で安心のサポート  TEL 03-3818-6011 受付時間 9:30 - 18:30 ( 日曜・祝日事前予約)
m@il: info@sakurahomelawyers.info

PAGETOP