抵当権設定+所有権移転登記59,800円!+諸経費!|櫻ホームロイヤーズ

「個人間売買」の方法と流れ | 櫻ホームロイヤーズ

  • HOME »
  • 「個人間売買」の方法と流れ | 櫻ホームロイヤーズ

仲介手数料なし! 個人対個人で売却する

1.売却したい物件の過去から現在での取引相場を確認
仲介不動産会社に入ってもらう場合には、その会社が不動産物件付近の過去の売買事例を数年間分なり用意してくれる場合もあのですが、あくまでもご自分で不動産取引をする場合にはご自身で相場を調べる必要があります。

2.購入時点での図面等資料の準備
ご購入時点での図面等資料をあらかじめ用意して、土地、マンションの図面や面積、築年数等が確認出来るようにします。

3.近近の取引相場、附加した内装等を考慮し、売却希望価格を決めて、広告出稿
スーモ、ホームズ等の不動産情報サイトへの登録はほとんどが有料です。
最近、出向を低額にした個人売買向けのサイトも増えてきていますが、掲載は格安であっても、その後の負担が条件とされる事例もありますので、ご注意下さい!
例えば、弊所では、売却時の手続きであっても・・
1.売買契約書作成のみ
2.売買契約書作成から登記までのサポート
3.不動産仲介会社としての重要事項説明から登記までのフルサポート
等、お客様のニーズに合わせたサービスを低額でご提供しています。

4.現地確認での訪問やお問い合わせの対応
広告出稿の後には、購入を検討しているお客様からの問い合わせ、現地(マンション等)確認の要望があった場合には全てご自身で対応します。
「購入後に瑕疵がもし発覚した場合には実際どのように責任を取ってもらえる?」
等の問い合わせには難しい事であった場合も全てご自身で応対する必要があります。
仲介業者を入れないことによって仲介手数料が無くなることを好意的に受け止めてくれる方も中にはいるはず。
とはいえ、回答を曖昧にしてしまえば購入者も不安に感じてしまうので、売買は成立しません。

5.価格交渉への対応
売却価格を決めるのはお客様自身です。
公示地価価格(マンションであっても、地価が影響します)や過去の売買取引での条件、現在広告が出されている近隣のマンション価格等を考慮して慎重に決定します。
但し、不動産売買の際には必ずといっていいほど値下げ交渉を行われますので、事前に値下げをされることを踏まえた上での価格の設定が必要とされます。

6.売買契約書・履歴事項証明書等、書類の作成
売買契約書作成のポイント
売買契約書には印紙が必要です。
売却価格や中間金、手付金は価格とともに受領日も明記します。
引渡し日についても明確に定めておきます。
固定資産税の扱いについてもしっかり話し合い記載をしておきます。
特約事項として、トラブルになりそうな事項はかならず書いておきます。

7.売買契約締結・決済
重要な部分です。出来れば。不動産取引にある程度は精通した司法書士にお任せがお奨めです!
通常、司法書士同席で、売買価格から手付金を引いた残代金を受け取り、即日に司法書士が所有権移転登記(登記費用は買主負担)の手続きを行います。

8.引き渡しとその後のフォロー
引き渡しが円滑に進むようにあらかじめスケジュールを決定しておく必要があります。
また、売却後に発覚した隠れた瑕疵については、売買契約書で定めた期間(引渡から1~3カ月以内)の場合には、責任は売主が負う必要があります。

但し、個人間売買の場合、その責任は個人のみにありますので、ご留意下さい。
わたしどもにご相談を頂いた場合
1.櫻ホームロイヤーズ司法書士が契約書作成、売買契約への立会、移転登記

2.櫻ホームロイヤーズと共に、仲介不動産会社 さくらホームとして重要事項説明、住宅ローンへのサポートから、売買契約への立会、移転登記のサポート
等お客様の希望される内容に合わせて対応を致しますので、ご安心の上、ご相談下さい。

更に必要に応じて
伊達アカウンティングファーム(税理士・公認会計士)
大和法律会計事務所(弁護士)
でのサポートも可能です。

 

櫻ホームロイヤーズは5士業で安心のサポート  TEL 03-3818-6011 受付時間 9:30 - 18:30 ( 日曜・祝日事前予約)
m@il: info@sakurahomelawyers.info

PAGETOP