抵当権設定+所有権移転登記59,800円!+諸経費!|櫻ホームロイヤーズ

個人対個人 不動産売買、所有権移転登記 

  • HOME »
  • 個人対個人 不動産売買、所有権移転登記 

買主側がチェックすべき事項

お互いにお付き合いのある個人対個人間での不動産売買の場合に限っては、仲介の不動産会社も司法書士も介さないで完全にご自分たちだけの間で不動産取引から登記迄を終えることも、その手続き自体もそう難しくことではありません。

但し、売買、引き渡し後での様々なトラブルや行き違いを回避する為には、弊所はじめ司法書士などでのサポートを受けるべきかも知れません。
知り合いであっても、数千万円にもなり得る不動産取引、安易に捉えないことです!

弊所では、公益法人での不動産仲介会社、司法書士での支援はもちろんですが、伊達アカウンティングファーム(税理士・公認会計士)、顧問弁護士でのサポートもご提供が可能です。
もちろん対費用の面もありますが、非営利団体を背景に業界最低額で対応しておりますので、十分にご検討されて下さい。

尚、個人対個人で不動産売買の際でも、瑕疵が新たに発見された場合での対処を含め、最低限でも下記の事項については確認しましょう!

  • 登記の状況。抵当権の設定登記等の有無と存在した際は抹消への取り扱い
  • 売買する不動産そのものや周囲の環境について、現地確認等を平日、休日等で確認したか
  • 不動産取得税・登録免許税等の再確認(売買の年の固定資産税の負担、その決済方法)
  • 敷地・建物内での残置物等の有無、残置物等の有る際にはその取り扱い
  • マンションの場合、管理費や修繕積立金に滞納はないか 等

櫻ホームロイヤーズは5士業で安心のサポート  TEL 03-3818-6011 受付時間 9:30 - 18:30 ( 日曜・祝日事前予約)
m@il: info@sakurahomelawyers.info

PAGETOP