抵当権設定+所有権移転登記59,800円!+諸経費!|櫻ホームロイヤーズ

個人対個人 業者が関与しなくてはならない不動産売買サポート

  • HOME »
  • 個人対個人 業者が関与しなくてはならない不動産売買サポート

本来は不動産の買主・売主が決まっていれば不動産業者は必要なく、弊所にご相談を。

個人対個人で不動産売買は約65%とされていますが、後々の問題が生じる事例も多のが現状です!
更に、買主が住宅ローン等の融資を受けたいという場合には、楽天銀行等の一部の金融機関を除いて、多くの金融機関の取り扱いとしては、不動産業者を仲介業者としてたてるように指示される場合があります。

また、買主が住宅ローンや融資を利用される場合には、ほとんどの場合、仲介業者を利用するしかありません。
ただし、このような場合には、非営利法人の不動産仲介会社等なるべく仲介手数料が安く済む業者を選ぶことが肝心です。

一般に不動産の物件は、国が関与する「レインズ」に掲載されています。弊所では、非営利法人が運営する不動産仲介会社がありますので、仲介手数料が最低額で安く済む方策をご提案も出来ますので、ぜひご相談下さい。

不動産業者が間に入ったり、当事者にならない場合には不動産の調査がほとんどされなかったり、売買契約書の作成も行われない恐れがあります。

しかし、調査をしなかったり契約書も作成されない状況ですと、後日になって紛争になったり、あるいは次の売却に支障が生じる可能性もあります。
したがって、きちんとした調査や売買契約書の作成をすることをお勧めしますし、弊所によるお手伝いも可能です。

調査・売買契約書

司法書士での不動産移転登記「立合」同様、登記情報の確認、本人確認、意思確認等を行います。

宅建業者として、業法に従い、売買契約を締結までサポート。
但し、不動産売買契約書での売買代金に関してはあくまでも当事者間で決めていただきます。ただし、あまりに安い金額に設定すると、後日贈与税の課税の恐れがありますので、その点では注意が必要となります。

不動産の調査や契約書の作成報酬等についての報酬は次のとおりです。

不動産の調査や契約書の作成報酬 標準的な報酬 100,000円(税別)
契約書作成、契約への立会などサポート全般   売買契約金額の0.5% 最低額200,000円(税別)

所有権移転登記         標準的な報酬  50,000円(税別)

※ 原則、東京都内、埼玉県、神奈川県、千葉県などを対象とします。他のエリアはご相談下さい。

尚、通常の登記費用及び実費が別途かかります。また、抵当権抹消が必要な場合等、それら費用は含まれていません。

 

櫻ホームロイヤーズは5士業で安心のサポート  TEL 03-3818-6011 受付時間 9:30 - 18:30 ( 日曜・祝日事前予約)
m@il: info@sakurahomelawyers.info

PAGETOP