抵当権設定+所有権移転登記59,800円!+諸経費!|櫻ホームロイヤーズ

仲介手数料節約 個人間売買 | 櫻ホームロイヤーズ

  • HOME »
  • 仲介手数料節約 個人間売買 | 櫻ホームロイヤーズ

 不動産売買には不動産会社等が介入、しかし個人間売買は異なります!

そして、不動産仲介業者を経て売買の場合、仲介手数料は、例えば2,000万円の不動産物件の場合、買主、売主、それぞれが69万3000円(税込)必要となります。

しかし、個人と個人、例えば親族間や知人間等で不動産の取引をする場合には、司法書士に契約書取引の立合や登記を依頼することにより、仲介手数料を節約でき、安心した取引をすることができます。
更に、弊所の場合、別に公益法人による不動産仲介会社を運営しておりますので、住宅ローンへの対応も容易です。

個人間売買取引の流れ

  売主様か買主様から、売買対象の不動産物件の資料(権利証、登記事項証明書等)をご提供いただき、諸費用、報酬のご説明、決済日時のお打合せ、必要書類等のご説明をさせて頂きます。

弊所が事前に登記に必要な書類の作成、決済の前日までに不動産物件の権利関係(該当物件に抵当権や、差押えがないか等)を調査します。

決済日に売主様、買主様に来所いただき、本人確認、売主様の権利証等、必要書類を確認、問題がなければ、売買代金支払い(振込の場合は司法書士も銀行へ同行)と同時にお預かりします。  

決済が終わりましたら、司法書士が即、登記を申請して、完了(申請から約1週間)したら登記識別情報(権利証)を買主様にお渡しします。

個人間での売買取引、不動産登記に必要な書類 一例

売主様

   ・登記済権利証

   ・ご購入時の売買契約書、間取り図

   ・不動産の評価証明書 

   ・印鑑証明書 

   ・身分確認証 (運転免許証 パスポート 住基カード等)

買主様

   ・住民票

   ・認印

   ・本人確認の身分証明書 (運転免許証、パスポート、住基カード等)

※最終的に必要とされ得る資料の詳細はこちらのページをご参照ください。

櫻ホームロイヤーズは5士業で安心のサポート  TEL 03-3818-6011 受付時間 9:30 - 18:30 ( 日曜・祝日事前予約)
m@il: info@sakurahomelawyers.info

PAGETOP