抵当権設定+所有権移転登記59,800円!+諸経費!|櫻ホームロイヤーズ

定期借地権マンション 建物のみ、移転登記の対象

  • HOME »
  • 定期借地権マンション 建物のみ、移転登記の対象

所有権移転登記、でも割安なのは土地を買わないから

定期借地権付きマンションとは、建物は購入してお客様ご自身のものになるのですが、土地は借りたままという不動産物件です。
土地は借り物の為に、保証金や毎月の地代などの負担もありますが、土地を購入しないので一般の分譲マンションと比較すると費用は30~40%ほど安くなります。
ですが、一定の契約期限(通常50年)が過ぎると、借地にある建物は購入者が取り壊し、更地にして地主に返さなくてはなりません。

これこそが、定期借地権マンションの長所であり短所です。ですから、これは土地を必要とせず住宅費の負担を抑えて充実した生活を送りたい方に向いています。マイホームは、自分が生きている間、子供が巣立つまであれば十分、と考えられるかがポイントです。

定期借地権マンションでのリスク

定期借地権は、平成4年8月に施行されたばかりの制度なので、課題があるのも事実です。
例えば、どうせ壊すのだからと、修繕を怠り続けて廃墟と化していくリスクです。契約期限が近づくにつれて、こういった傾向が強まる恐れがあります。

定期借地権マンションの新型

こういった定期借地権マンションのデメリットを解消するため、契約期限が過ぎた後も賃貸住宅として住み続けることが可能なマンションもまだまだ少数ですが、生まれてつつあります。
これらは「建物譲渡特約付き借地権」といって、契約期限がきれた後は地主が建物を所有し、居住者はそのまま生活が続けられるという仕組みです。
はじめに茨城県つくば市で建てられたことから、「つくば方式」「スケルトン定借」と呼ばれています。

こういった新しいマンションも登場してきてはいますが、まだまだ数が少ないのが残念なところです。ですが、これから少しづつ増えていくことでしょう。

 

櫻ホームロイヤーズは5士業で安心のサポート  TEL 03-3818-6011 受付時間 9:30 - 18:30 ( 日曜・祝日事前予約)
m@il: info@sakurahomelawyers.info

PAGETOP