「税金問題は後日記事に取り上げます」の予告に従い、登録免許税問題 

昨日、御見積に記載した登録免許税の金額さえも信じられないようになった・・との話題を取り上げたのですが、登録免許税の金額が違うわけは本来ありません!

あくまでも、「架空のお話し」として記事にします・・。その点は予めご了承下さい!

そのお客様は、ある都内の不動産購入で相見積もりを数人の司法書士に依頼されたもようです。
その中で一番安かった見積もりが・・最後に弊所に示されました・・。

弊所での価格に近い・・そこまでは、すぐに認識出来ましたが、謎が生じます!
御見積総額が弊所とほぼ同額なのです!

謎はすぐに判明しました!

登録免許税が異なるのです! 
本来はおなじ不動産ですから、登録免許税は同額なはずです。
そのために、お客様は弊所なり、司法書士の見積もりの総額で比較されるものなのです!

弊所の登録免許税は約10万円。その司法書士さんは、約5万円です!

そのため、弊所の御見積では、登録免許税は参考価格で同額としました。もちろん、正確な登録免許税は法務局にも確認の上でご提示するわけですが、お客様がいつものように(?)見積もりの総額で比較された場合、その5万円の司法書士を選択した可能性があります!

税額ですから、登録免許税は約10万円を約5万円にする特殊な手法があるとも思えませんので、結局は約10万円を支払うわけですが、そのことに気が付くのは、ともすると直前の日程です・・。

結局は、弊所に依頼されたために、登録免許税はその不動産の管轄法務局に伺って直接確認します。なにか特殊な理由で減税が受けられるのかも知れません・・。

確かに、登録免許税は約10万円です! 

どうして? その司法書士に聞きたい衝動もあったのですが、やめておきました。たまたま、夢の中で、誤りがあったのでしょう・・。

でも、中には、御見積に記載する登録免許税の金額を一定額にする事例もあると聞きます! 最終的には正しい金額にするのでしょうが・・。

オンラインで申請の場合、登録免許税の金額が法務局から記載されます。司法書士以外にお任せの場合は、ともするとオンライン申請は出来ませんし、登録免許税の金額は記載されていません・・。

本来は起きない事例で、あくまでも、夢の中での話題につき、ご了解下さい・・。