「好立地なのに安い」ワケ

最近、都心の老巧化して廃屋寸前のマンションをせっせと買い集める業者がいます。

いまさら住むには勇気の要るような部屋をどうするのかと思ったら、区分所有権を安値で買い占めた上で建物を取り壊し、更地にして高値で転売するのが目的のようです。

わずかに居残っていた高齢の居住者は追い出されます。

区分所有権というのは、実際には個々では保護されない権利と思います。

老朽化して管理が行き届かなくなくなっても自分が多少の不便を我慢すればここに住み続けられると思うのは幻想です。マンションでは、区分所有者による多数決が唯一の物事を決める仕組みです。

土地取得が目的で住戸を買い占めていく業者は、多数の議決権を保有する区分所有者となるのです。

早くできるだけ安価で全室を手に入れるのが目的ですので、管理費等も払わず修繕も点検もしなくなります。

共用部分の公共料金を払わないため、電気も水も止められたというような事例もありました。露骨な嫌がらせをされることもあります。まさに「地上げ屋」の手法です。

追い詰められる高齢居住者のことを思うと胸が痛みますが、マンションがこういう終わり方をすることとも、ある意味、仕方がないかもしれないと言う思いもあります。一旦、管理不全で空室だらけになってしまったマンションを立て直すには多額の費用が必要ですが、だれもそんなお金を負担しません。もちろん建替えもできません。買い手がいるうちに手放してしまいたいと外部区分所有者が思うのは無理からぬことです。誰もババを手元に持っていたくないのです。

そういった買い占めがおこるのは、解体費用を指し引いても土地に価値があるという立地だからと言う見方もできます。悲しい最後の迎え方ですが、都心の立地のいいマンションでは、こういった形であっても最後の後始末を自分たちで行うことができるのですが、多くの管理不全マンションは、土地の売却費用では建物の解体費用の目途もたたないのです。

そういった管理不全マンションはいったいどうなるのでしょうか。区分所有者でいることの意味が、資産を持っているというプラス面だけでなく、住めなくなっても建物の管理責任を持つという負の側面もあることがこれから大きく意識されるようになると思います。相続放棄も益々増えるでしょう。

ですから、くれぐれも、立地がいいのに安いからということで、管理状況に不安のある高経年マンションを購入するのは、やめましょう。そういったマンションは、すでに、建物の資産価値を維持するつもりがない区分所有者が多い可能性が高いのです。もしくは、何とかしたくても、資金の問題でどうしょうもないのです。今は、何とか住めるようでも、後は坂道を転げ落ちていってしまいます。そういった中古マンションを購入して困っている方もいらっしゃいます。

多数の住戸を所有する地権者が管理していることになっているが、実際には管理放棄で、エレベーターの点検も部品の交換も長らくしていないようだ。何とかしたいと相談がありました。

いずれ、解体して更地にしてしまおうと思って賃借人も入れないようにしているようなので、法令違反や管理者の責任という正論をいっても、改善するのは難しいかもしれません。せめて、何とか、住んでいる間は、最低限の安全が担保されるように、交渉ができればと願いますが…。

中古マンションに掘り出し物はないのです。