新築マンションが華々しく分譲される一方で、年々深刻な問題となっているのが築年数の経った「老朽化マンション」の惨状。

修繕しようにも痛みが激しく、建替えようにも資金が足りず、残った住民の合意も得られない。

日本には約630万戸以上の分譲マンションが存在し、その中で約200万戸が築30年以上と推定される。  

一方、新築の分譲マンション供給は年々減少している。

建築費は人手不足から高止まりしたまま。用地取得費も、マンションの開発事業がやりやすい都心エリアでは高騰が続いている。

建築費も用地取得費も、今後下落するとは思えない。したがってこの先、新築分譲マンションの供給はますます細ると予測できる。

同時に、既存のマンションは年々歳々築年数を増やし続ける。あと数年で、既存の分譲マンションの大半が築30年以上になる。

 鉄筋コンクリート造のマンションはいったい何年住めるのだろう?
 実は、マンション自体の歴史はさほど古くない。今のような分譲型のマンションが本格的に日本に登場したのは約60年前。つまり、この国には築100年のマンションは1棟もないのだ。