不動産移転登記は個々の司法書士で報酬が異なるわけですが・・

先日、メールで気になる見積もり依頼を頂きました。ただ、誤解して頂きたくないのですが・・そのお客様個人を批判したりするための記載では決してありませんので、誤解無く、よろしくお願い申し上げます。

そのお客様が、メールで添付された仲介不動産会社様からの不動産登記の見積書での司法書士報酬はおおよそ12万円でした。
ただ、メールには、

「他の司法書士からは「8万円」での見積もりを受け取っています!
従って、8万円を越える見積もりはお出しにならなくていいです!」・・とされていました。

弊所の報酬額はホームページでご覧頂けるのですが、その試算では、約7万円。

それから数日たって、そのお客様から再度メールが参りました。

「数十人の司法書士に再度見積もりを依頼。今回は、6万円以下での見積もりを希望している。
従って、6万円を越える見積もりはお出しにならなくていいです!」との記載・・。

残念ですが、報酬額・・・の問題以前に、御見積はお出ししませんでした。
次は、「6万円以下が、5万円以下」、更には「4万円以下」になるのでしょうか?

ここまでの記載で、ご理解頂けるかとも思いますが・・・

司法書士による、不動産登記とは、仕入れ原価がないとはいうものの、生菓子でも、お弁当でもありません。
個々の司法書士は、真剣勝負で、まさに立会(立合)をしています。そこを完全に無視された御見積依頼はどうなのでしょうか? そのお客様の件が結局どうなったのか、4万円になった・・・3万円になった・。
どうなのかは存じませんが、ふと考えさせられる事案でした・・。