まずはあなたの代理人となる司法書士を探さなくてはいけません。

では、どのように司法書士を探すべきかですが、次のような探し方が一般的です。

1 まず多いのが、不動産業者や金融機関の紹介で指定司法書士、提携司法書士に依頼する。
2 大学時代の縁故、知り合いの司法書士に依頼する。
3 インターネットで司法書士を探す。

一番多いのが、1.不動産業者や金融機関の紹介で司法書士に依頼するパターンです。
特に不動産業者の場合、提携している司法書士に登記をお願いするので、高い報酬の場合がほとんどです!
なかでも、不動産業者からの紹介の場合には、司法書士が不動産仲介会社に支払う裏金とも言える金銭を司法書士報酬に上積みしていることもあります。
司法書士報酬に紹介料を上積みすることは、司法書士法違反ですので、本来あってはいけないことなのですが、残念ながら司法書士や不動産業者によってはいまも当たり前に行なわれていることが実情です。
もちろん、そのお金は、お客様の負担です!

2.大学時代の縁故・・。以外に多いケースなのですが、お奨めはいたしません!
多少は高くても依頼されるもの・・・そんな思いでの見積りが出てくる事例が相当多い確率でお手元に届きます!

そして、断る際には、以外に抵抗感が強い選択肢となりますので、出来れば避けるべきです!
実際に、どう断るべきか、それらを弊所に相談される事例も多のです・・。

3.司法書士の報酬を抑えるのに一番適した方法はホームページを開設している司法書士から選ぶことです。
ホームページには弊所はもちろんですが、司法書士の報酬が明記されたものもありますので、比較がしやすいものです。