不動産仲介業者の指定(提携)の司法書士を使う必要はあるのか?

そんな場合、必ずお聞きするのが、「その司法書士の登記費用が相場よりもかなり高い!!」とのご意見です。

本来、不動産仲介業者の指定(提携)の司法書士を使う必要はありません。正直に申し上げて、登記の費用も高く、明らかに損をします。
但し、金融機関での融資での抵当権の登記は個々に事情が異なります!

「自分で登記」サイトから引用させていただきますが、司法書士は、買主が用意するのが不動産業界では一般的です。

ただし、一般の方は司法書士を用意しない(出来ない?)ので、仲介業者が司法書士を指定することが多いに過ぎません!
この事は仲介不動産業者もよくご存じです。
一般のお客様は、法的な知識がない為に、不動産仲介業者の言いなりになってしまい、結果、損をするのです。

買主(お客様)がご自身でご用意した司法書士を使うべき理由

不動産売買でその代金を払ったにも関わらず、直前に他の第三者に先に不動産登記をされ、第三者に渡ってしまう・・!
まずはない事態とは言えますが
不動産売買の取引において、明らかにリスクを負うのは、不動産を購入し、お金を支払う買主側となります。

仲介業者の指定(提携)司法書士に依頼して不動産登記する場合、ともすると、ミスがあれば、買主がリスクを負うことにもなり得ます。
ある先生がいわれていましたが、裁判において、ご自分の弁護を相手側の弁護士には依頼しません。同様に、リスクを考えた場合、お客様ご自身が選択した代理人としての司法書士にお任せになるほうが安心と思われます。

それに、仲介業者の指定(提携)の司法書士は仲介業者と懇意にしているため、登記費用が、相場の倍くらい請求されることも珍しくありません。

もしも、自分で登記をしないで司法書士に依頼する場合は、買主が司法書士を用意するのがよいでしょう。
買主であるお客様がが選んだ司法書士は、依頼人、買主であるお客様のために働いてくれるはずです。よく耳にすることですが、仲介業者が懇意にしている指定の司法書士は、仲介業者側の意見や利益を優先すると言われています・・。

仲介業者が、何か変なことをしていても指摘してくれませんが、買主であるお客様が選んだ司法書士は当然ですが、何か気づけば、その場ででもそれを指摘してくれるでしょう・・・。

不動産仲介業者が指定(提携)の司法書士を使うことを強要してくる場合は、仲介業者は、指定(提携)の司法書士を使うことが、慣れていることもあり楽で、バックマージンなども得ることができるため、指定(提携)の司法書士を使うことにこだわる場合があります。

このような場合は、仲介業者を変えるのも一つの方法です。よほど人気のある不動産でない限りは、別の仲介業者に依頼すれば売買が可能です。

もちろん、そのような場合にも備えて、不動産取引についてもあらかじめご相談を頂くことも可能です!