文京区のマンション「ル・サンク小石川後楽園」建築確認、執行停止処分決定

最近増加しているマンションと景観の問題、更に住民への影響です。訴訟に至っている事例も増加しています。
そんな中、文京区のマンション「ル・サンク小石川後楽園」の10年近く争って来た問題で、東京都建築審査会がマンションに対して建築確認の執行停止の決定処分を出すのは初めてとのこと! 極めて画期的なことと思います。

このマンション計画には、避難計画などに関する多くの問題、違法性があったようですが、事業者は長屋計画とするなどでこうした違法性を逃れようとしていたことが窺えるようです。
建築確認を出した処分庁も建築図面を東京建築審査会に提出しないなど対応面の問題もあったようです。

マンション業者が建築確認を業者にやらせる仕組みでは、どこまでも業者より計画になってしまう事実が明らかになりました。更に、文京区の対応の問題も・・・。

こうした建築確認の仕組み、区の対応そのものも問題と感じるのですが、周囲の環境・住民と調和することが大切なことが痛感できます。

この件の詳細はこちら。
小石川二丁目マンションの無秩序な開発・建築を考える